2013年02月13日

ひとり時間の過ごし方☆日経WOMAN(日経ウーマン)3月号2013



小学生の時から、一人で遊ぶのが大好きな私。

小学生の頃は、平日は読書、休日は土いじりや手芸を楽しんでいました。
(6年生の秋まではスポーツ少年団に入っていたから、遊ぶ時間がなかった)

12人のクラスでそのうち女の子は7人。

6年の頃には、女の子と遊ぶというのが煩わしくて、大学生になるまで、友達の家に行ったり来たりした記憶があんまりないなぁ

なにしろ田舎で、遊びに行くには親に連れて行ってもらわないといけなかったし

土曜日は習字とピアノ

日曜日は家族と過ごす日だから、遊びに行ってはいけませんというママ

そんなこんなで、ひとり時間をめちゃくちゃ楽しめる女子に成長しました

日経ウーマン3月号のひとり時間の特集では、一人暮らし読者のお部屋や24時間が紹介されていて、すっきりしていて尚且つおしゃれなお部屋で、平日は仕事で自由時間が少ないながらも、趣味の時間を取り入れていて、メリハリある生活が素晴らしい

働きながらひとり暮らししてた頃は、あんまりひとり時間を楽しめてなかった

ひとりだと市内で買い物して終わりだし(田舎の市だからお買い物といっても本屋とかスーパーとかユニクロとか。。。)、友達(仕事の同僚だから微妙)と遊んでも、恋バナとか仕事のグチとか、ショッピングモールで買い物とかしかしてなくて、心が満たされてなかったせいか、とってもとっても寂しくなって、仕事やめて実家に戻ってきました。

習い事→中国語会話→年が違うお友達ができる→韓国旅行に行った→韓国コスメにはまる

男友達と飲む(地元)→仕事をこんなふうに頑張っているという話を聞くのは楽しい

というふうな感じでお友達と交流しつつ

ママと美術館

ママと妹とショッピング

ママと卓球

妹とプール

ママと県内観光地めぐり

と家族とお出かけしつつ

消しゴムはんこ、オーブン陶芸、カリグラフィー、株、FX、図書館、猫と散歩。。。などなど最近新しく始めた趣味が楽しくて楽しくて

もう少し暖かくなったらジョギングを始めたいな

今はみゅーたんとちょこっと歩きとちょこっと走りです。

DVC00290.JPG


走るときはぐいぐいと小さな猫に引っ張られていますが




posted by さくら at 21:31| Comment(1) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする